相続の税務調査データ

相続の税務調査データ

相続税について、税務署が実施した税務調査のデータを紹介します。平成21年度の国税庁発表のデータです。

相続税の税務調査が実行される確率

平成21年度

なんと、3割もの確率で相続税に関しては税務調査が入っています。

相続財産の相続割合を見ると

と相続財産が2億円を超える人の割合が同じく30%となっているため、税金が少ないところに入るとは思えないので、2億円を超えると税務調査が入る可能性が極端に高くなるのではないでしょうか。

税務調査で否認される財産の割合

何と、8割以上が税務調査によって申告漏れ等の非違が指摘されることになります。つまり、2億円以上の相続財産がある場合は、よほど相続対策に実績のある税理士などに相談の上、税務調査の対策を行っておかないと、申告漏れなどで相続税が増加していまう可能性もあるのです。

申告漏れ相続財産の構成比

となり、現金・預貯金などの申告漏れが多いというのが、3割を超えているのです。